パネリスト><参加者の声>          <第2回シンポへ

  第3回シンポジウム

 都市と生物多様性

ーー玉川上水ラムサール条約登録の可能性をさぐるーー

2015年8月30日 小平市中央公民館で第3回のシンポジウムが開催されました。参加者は166名でした。ご参加ありがとうございました。

シンポジウムの全てをお伝えします

探検家・医師 関野吉晴さん

 =種の多様性 世界から


東京学芸大学名誉教授 小泉武栄さん

 =玉川上水は生き物の宝庫 地生態学の視点から


元麻布大学教授 高槻成紀さん

 =哺乳類のすみかとしての玉川上水


パネルディスカッション1/3

歩く博物館→玉川上水


パネルディスカッション2/3

都市の利便性と自然の欠乏


パネルディスカッション3/3

子供の自然実物体験

地域ー行政ー研究者