第3回シンポジウムを開催します

                                     来場者に春号の冊子を差し上げます




玉川上水 花マップの冊子をご希望の方はこちらのメールアドレスにご連絡ください。

 なお、冊子の数量には限りがありますのでご希望に添えない場合もございます。 (5月30日朝日新聞夕刊に記事が掲載されたため多数の希望者が予想されます)

注記;冊子ご希望の方に返信いたしましたが、送信できない方がいらっしゃいます。案内したメールアドレスをブロックしている方はブロックを解除の上再度メールをご送付ください。


ちむくいは「玉川上水 花マップ」の活動を継続しています

高槻成紀先生の花マップブログはこちら


2018、2019年のシンポジウム「玉川上水 花マップって何?」の動画はこちら


玉川上水 

    いきものたちの通り道

                      水と緑の大動脈

 玉川上水は、首都東京の真ん中を、山から都心へ向けて水と緑でつなぐグリーンベルトであり、皇居、明治神宮、新宿御苑などの生物多様性を支える生き物の通り道として、大きな役割を果たしている。私達はラムサール条約への登録を目指し、玉川上水への関心の輪を広げたい。

 水鳥を守るラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)が、湿地、水鳥を守る世界的な条約である事は知られているが、人工物や、小河川、水鳥以外のどんな生き物も保全の対象としていることは、意外と知られていない。「史跡玉川上水」もまた、ラムサール条約登録湿地の条件を満たしていると考えられる。